【緊急マニュアル】交通事故を起こしてしまったらどうする?

【緊急自己マニュアル】タクシーで交通事故に遭ってしまった!?

こんにちは。
交通事故訴訟に経験豊富な実績をもつ交通事故訴訟弁護士小川弁護士です。
今日はタクシー事故被害補償を受けることに対して調てべみましょう。

 

 

 

タクシー事故被害補償受けること
タクシーで通勤している間、交通事故がおきて身体上または、財産上の損害をこうむった場合、該当事故責任者に自動車損害賠償保障法第3条、民法第750条および第756条などにより損害賠償を請求し、該当事故責任者が加入した控除(共済)や保険を通した補償処理手順を踏んで補償を受けることができます。タクシーに乗って通勤している間交通事故がおきた場合、公務員は特別な制限なしで補償保険給与を受けることができるが、一般的な会社員はタクシーを利用した通勤過程が事業主の支配管理下にあるとみることができる事情がある例外的な場合にだけ補償保険給与を受けることができます。

 

タクシー通勤中交通事故がおきればどのように被害補償を受け取ることができるのか?
タクシー運転者過失で事故貧困場合は?

 

タクシー運転者がミスで交通事故を出してタクシー乗客を死傷し、タクシー乗客の物を損壊した場合事故を起こしたタクシー運転者または、該当運転者が属したタクシー会社は自動車損害賠償保障法第3条、民法第750条および第756条などによりその損害を賠償しなければなりません。
タクシーで通勤している間タクシー運転者の過失で交通事故がおきて身体上または、財産上の損害をこうむった場合、該当タクシー運転者が加入したタクシー共済組合(個人タクシーの場合、個人タクシー共済組合)や保険会社を通した補償処理手順を踏んで補償を受けることになります。これに伴う補償を受けた場合には別に自動車損害賠償保障法または、民法にともなう損害賠償請求をできません。

 

交通事故 弁護士・・交通事故に関するお悩みを抱えている方は、一度専門家の意見を聞いてみることをお勧めします。特に、被害者の方は一度示談に応じてしまうとそれをひっくり返すのは基本的には不可能です。適切な判断を期待します。

 

相手方車両過失または、タクシー運転者と相手車両の双方過失で事故がおきた場合には?また、過失比率に対して合意が成り立った場合には?

 

タクシー乗客は合意した内容により事故に対して責任ある運転者にそれぞれ合意した過失比率により直接損害賠償を請求できます。事故に対して責任ある運転者は被害をこうむったタクシー乗客に自動車損害賠償保障法第3条、民法第750条および第756条などによりその損害を賠償しなければなりません。ただし、保険や共済組合を通した補償処理手順を踏んで被害補償をした場合にはそういう範囲内で別に自動車損害賠償保障法または、民法にともなう損害賠償請求をしなくても良いです。

 

 

 

過失比率に対して争いがある場合には?

 

事故で被害をこうむった乗客は該当タクシー運転者が加入したタクシー共済組合(個人タクシーの場合、個人タクシー共済組合)に直接共済補償金の支給を請求できます。この場合タクシー運転者と相手車両運転者が事故発生事実自体または、過失の有無を否認する場合が発生する可能性があるので、これに対し備えるためには必ず現場の証拠と証人を確保して警察署や保険会社に事故発生事実を申告しておいた方が良いです。

 

タクシー通勤中交通事故がおきた場合、補償保険給与を受けることができるだろうか?
災害保険給与とは?

 

災害保険給与は労働災害保険に加入した事業場の勤労者が業務上の災害にあった場合に支給されます。通勤の時交通事故、業務上災害と認定されようか?公務員が通常の経路と方法で通勤する中発生した交通事故で負傷し、死亡した場合には公務上負傷または、死亡で補償保険給与を受けます。しかし、一般的な会社員は通勤した中に発生した事故が下の要件皆に該当する場合にだけ補償保険給与を受けることができます。

 

・事業主が通勤用で提供した交通手段や事業主が提供したと見ることができる交通手段を利用した中に事故が発生したこと
・通勤用で利用した交通手段の管理または、利用権が勤労者側の専属的権限に属しないこと

 

実際、判例でも勤労者の通勤中に発生した災害を業務上災害と認定するための要件で'事業主が提供した交通手段を勤労者が利用し、または、事業主がこれに対し準ずる交通手段を利用するようにするなど勤労者の通勤過程が事業主の支配管理下にあるとみることができる場合であること'を要求しています。

 

現行法と判例の立場を総合してみればタクシーに乗って通勤している間交通事故がおきた場合、公務員は特別な制限なしで補償保険給与を受けることができて、一般的な会社員はタクシーを利用した通勤過程が事業主の支配管理下にあるとみることができる事情がある例外的な場合にだけ補償保険給与を受けることができると見られます。

 

このような被害にあわれたりタクシー事故によって訴訟と紛争で解決できない問題があるならば、交通事故訴訟弁護士小川弁護士が問題を迅速に解決して差し上げます。特に高次脳機能障害のような扱いの難しいデリケートな問題にも強い専門性を持っています。