【緊急マニュアル】交通事故を防止するための手立て

交通事故を防止するための手立て

こんにちは。
交通事故賠償訴訟に経験豊富な実績をもつ交通事故賠償弁護士小川弁護士です。
今日は交通事故措置事項に対して調べてみるようにします。

 

交通事故を防止するための取り組み
自動車を運転するならば自身や相手方の過失で交通事故が発生します。交通事故が発生すれば、被害者をスローガンと追加交通事故を防止するための措置をした後警察官の事故調査に備えて事故現場を保存しなければなりません。

 

交通事故運転者が被害者を救護するなどの措置をしないで逃走した場合には加重処罰されます。

 

交通事故措置事項
交通事故というのは、車の運転など交通により人を死傷し、物を損壊することをいいます。
判例は交通事故を道路交通法で決める道路での交通事故に制限しなければならない根拠がないと判示していて'車の交通'による事故はその場所を問わず交通事故処理特例法の適用を受けます。

 

被害者救護措置とは?
被害者救護措置義務
交通事故が発生した場合にはその車の運転者やその他の乗務員は直ちに停車して死傷者を救護するなど必要な措置をしなければなりません。

 

違反時制裁
交通事故発生時の措置をしなかった人は5年以下の懲役や一定以下の罰金処罰を受けます。
交通事故発生時の措置行為を邪魔した人は6ヶ月以下の懲役や一定以下の罰金または、拘留に処されます。

 

事故現場保存および目撃者陳述書確保

 

信号違反、横断歩道事故などは目撃者の陳述によって事故内容が変わってくる場合が多く、目撃者の確保が最も重要です。事故当時過失を認める加害者でも今後陳述を翻意し、有利に述べる場合が多いです。

 

したがって主張を翻意できないように相手方の確認書を受けておいた方が良いです。飲酒運転加害者の場合、現場で合意することにした後時間が過ぎれば飲酒事実を否認する場合もあります。飲酒の場合、飲酒数値を測定し、血液を採取しておかなければその立証が難しいので警察署に申告する場合でなければ加害者の飲酒量、飲酒時間、飲酒を認める確認書を受けた方が良いです。また、加害者の身元と加害車両および保険加入の有無を確認してメモしておかなければなりません。