【緊急マニュアル】代行運転事故の際の交通事故補償

代行運転事故の際の交通事故補償

こんにちは。
交通事故補償訴訟に経験豊富な実績をもつ交通事故補償弁護士小川弁護士です。
今日は代行運転を利用して事故がおきた時どのようにしなければならないのか?代行運転事故に対して調べてみましょう。

 

代行運転事故

 

代行運転利用中に事故がおきれば代行運転業者の保険で補償されます。
また、代行運転交通事故で第三者がケガし、死亡した場合、第三者が受ける損害の賠償責任は一次的に所有者本人が負けることになります。

 

代行運転による被害をこうむらないようにするなら普段無料サービスに誘惑されない、路上客引き代行運転利用しない、保険加入証確認すること、適法な運転要請すること、家の前の駐車まで要請するなど代行運転利用時注意する事項をよく知っておかれることが望ましいです。

 

代行運転利用中代行運転事故がおきればどのように処理されようか?

 

会社員ならば誰でも遅れた会食や酒の席をした後代行運転を利用した経験が一回ぐらいはあると思いますが。代行運転を利用すれば飲酒運転もしなくて安全に私の車を持って帰宅できて本当に便利だけれども、時々代行運転手のミスで事故がおきて困難な状況が発生し、もします。

 

代行運転利用中事故がおきればどのように処理されようか?

 

代行運転手ミスで事故がおきれば代行運転業者の保険で補償されます。だが、代行運転業者の保険は個人が加入する自動車保険課は保障範囲と加入限度で差があります。個人が加入する自動車保険が車両修理期間に発生するレンタカー利用料と営業損害、車両価値下落損害などを保障するのに比べて、代行運転業者保険は純粋に車両修理費だけ保障します。

 

したがってもし追加被害補償を願う場合には自身が代行運転会社に個別的に請求をしなければならない不便があります。代行運転交通事故で第三者がケガし、死亡した場合、一次的に自身が責任を負います。

 

この場合には第三者がこうむった被害の賠償を自身と代行運転者中累加するべきか問題になります。自分のために自動車を運行する者はその運行で他の人を死亡するようにし、浮上するようにした場合にはその損害を賠償する責任を負います。

 

すなわち、"自動車の運行者"が事故による第三者の損害を賠償しなければならないということですが。それなら代行運転者が引きおこした事故の場合、自身と代行運転者、誰が賠償責任を負う"自動車の運行者"に該当しようか?

 

これに対し関し判例は代行運転の場合、代行運転者が引きおこした事故の場合、自身が"自動車の運行者"に該当すると見ています。自動車の所有者または、保有者が酒屋での飲酒その他に運転障害理由などによって一時的に他人に自動車の鍵を任せて代行運転をさせた場合、上の代行運転者の過失に因って発生した車両事故の被害者に対する関係では自動車の所有者または、保有者が客観的、外形的に上の自動車の運行支配と運行利益を有していると見ることが相当して、代行運転者がその酒屋の支配人その他の従業員だからといって別に見ることではないとしました。

 

結論的に第三者が受ける損害の賠償責任は一次的に運転者本人が負けることになります。
多くの運転者は自動車総合保険に加入しているので実際の第三者がこうむった被害の補償は自身が加入した自動車保険によって処理されます。
ただし、運転者範囲を限定する特約に加入した場合、第三者がこうむった被害の補償が保険で処理されないことがあって、この場合には自身が慈悲で損害賠償をしなければなりません。

 

したがって代行運転をしばしば利用する運転者の場合、まずはしっかりとした法律的なノウハウを身につけておいた方がいいと思います。万が一事故起しまったときに慌てずに対処するようにしましょう。