【緊急マニュアル】自動車保険損害賠償に関する法律

自動車保険損害賠償に関する法律

こんにちは。
交通事故訴訟に勝訴経験豊富な実績をもつ交通事故勝訴弁護士小川弁護士です。
今日は自動車保険損害賠償に対して調べてみましょう。

 

自動車保険損害賠償
保険会社は被保険者が被保険者同車を所有・使用・管理する間にできた被保険者同車の事故によって人を死ぬようにし、ケガするようにした場合、または、他人の財物をなくし、傷つけた場合、法律上損害賠償責任を負うことによって受ける損害を補償します。保険会社は保険契約者または、被保険者の故意による損害、天災地変による損害などがある場合には補償金を支給する責任を負いません。

 

 

自動車保険会社の責任および責任免責理由とは? 

 

保険会社の責任
保険会社は被保険者が自動車を所有・使用または、管理する間に発生した事故によってできた損害を補償する責任があります。

 

保険会社の責任免責理由
保険事故が保険契約者または、被保険者や保険受益者の故意または、重大な過失で起きた場合、保険会社は保険金額を支給しなくても良いです。保険事故が戦争、その他の変乱からできた場合、当事者間に他の約定がなければ保険会社は保険金額を支給しなくても良いです。

 

自動車保険標準約款に記載されている保険金支給理由は?
自動車事故による他人の被害を補償する担保(賠償責任担保)

 

対人賠償1
保険会社は被保険者が被保険者同車の運行により他の人を死んだりケガするようにして自動車損害賠償保障法第3条による損害賠償責任を負うことによって受ける損害を補償します。

 

対人賠償2
保険会社は被保険者が被自動車を所有・使用・管理する間に発生した事故によって他の人を死に至らしめ、もしくはケガをさせることで法律損害賠償責任を負うことによって受ける損害(対人賠償Tで補償する損害を超過する損害に限る)を補償します。

 

対物賠償
保険会社は被保険者が被保険者同車を所有・使用・管理する間にできた被保険者同車の事故によって他の人の財物をなくし、傷つけて法律上損害賠償責任を負うことによって受ける損害を補償します。

 

自動車事故による被保険者の被害を補償する担保の場合

 

自損事故
保険会社は被保険者が被保険者同車を所有・使用または、管理する間できた自動車の事故で死んだりケガした場合、これによる損害を補償します。

 

無保険自動車による傷害
保険会社は被保険者が無保険自動車によってできた事故で死んだりケガした場合、これによる損害に対して賠償義務者がいる場合、約款で決めたことにより補償します。

 

自分車両損害
保険会社は被保険者が被保険者同車を所有・使用・管理する間発生した事故によって被保険者同車に直接的にできた損害を保険証券に記載された保険加入金額を限度で補償します。
ただし、保険加入金額が保険価額より多い場合には保険価額を限度で補償します。

 

自動車保険標準約款に記載されている保険会社の責任免責理由とは?

 

責任免責理由
自動車保険標準約款には担保種目(対人賠償1,対人賠償2,対物賠償、自分身体事故、無保険自動車による傷害、自分車両損害)により保険会社の免責理由を規定しています。

 

飲酒運転または、無免許運転関連事故負担金

 

被保険者本人が飲酒運転や無免許状態の間に発生した事故または、無免許運転をする間にできた事故によって保険会社が対人賠償1,対人賠償2または、対物賠償で保険金を支給する場合、被保険者は一定の定められた事故負担金を保険会社に納入しなければなりません。