【緊急マニュアル】運転免許証の取り消しを回避する方法

運転免許証の取り消しを回避する方法

こんにちは。
交通事故訴訟に経験豊富な実績をもつ交通事故弁護士小川弁護士です。
今日は運転免許証の取り消しを撤回する方法に対して調べてみるようにします。

 

運転免許証の取り消しを撤回する方法 

 

運転免許取り消しの申請
運転免許に対する取り消し処分または、停止処分や練習運転免許の取り消し処分に対して異議がある人は処分を受けた日から60日以内に地方警察庁長に異議を申請できます。

 

行政処分減軽基準
下理由がある人は情状を参酌して行政処分が減軽されることがあります。
-運転が家族生計手段である場合
-模範運転者として3年以上交通奉仕活動に従事した場合
-警察署長以上の表彰を受けた場合

 

異議を申請した人はその異議申請の有無と関係なく他の行政救済手段である行政審判法による行政審判請求を請求できて、行政審判請求に対する裁決に対し争おうとする場合には行政訴訟法による行政訴訟を提起できます。

 

 

行政審判による運転免許証の取り消しを撤回する方法 

 

行政審判とは?
行政審判というのは、行政機関が行政上の法律関係の紛争に対して審議判定する手続きをいうことで、一般国民は行政庁の違法だったり不当な処分または、不作為によって権利または、利益を侵害された場合、行政審判を通じて救済受けることができます。

 

交通運転者は自動車を運転してみるならば交通法規違反により地方警察庁から運転免許停止?取り消し処分などを受ける場合が発生します。このような行政庁の処分に対する最終的な判断は裁判所がすることが原則だが裁判所の判断を求める訴訟はその手続きが難しくて費用や時間も相当多く必要とされる問題点があります。

 

したがって行政庁がおりた処分に対して違法だったり不当だと考える一般国民のために行政審判という制度を用意して手軽で速かに権利を救済しています。

 

行政審判請求期間は?
行政審判は処分があることを知るようになった日から90日以内または、処分があった日から180日以内に請求しなければなりません。審判請求期間は取り消し審判と拒否処分に対する義務履行審判にだけ適用されて、無効確認審判と不作為に対する義務履行審判には適用されません。

 

行政訴訟による運転免許証の取り消しを撤回する方法
 
行政訴訟とは?
行政訴訟というのは、公法上の法律関係に関する紛争に関して行う裁判手続きをいいます。
行政訴訟というのは、行政庁の違法な処分その他に公権力の行使・不行使などによる国民の権利または、利益の侵害を救済して公法上の権利関係または、法適用に関する争いを適正に解決することを目的に裁判所の裁判手続きによる行政争訟をいいます。

 

行政審判全治主義は?
行政訴訟法では任意的全治主義を原則にして、個別法によって例外的に行政審判全治主義が採択されています。道路交通法による処分として該当処分に対する行政訴訟は行政審判の裁決を経なければこれを提起できません。

 

したがって運転免許停止?取り消し処分に対して行政訴訟を提起するためには必ず行政審判を経なければなりません。行政審判全治主義を違反した行政訴訟のさっさと処理する訴訟要件不備に却下判決を受けることになります。

 

行政訴訟の提起期間は?
取り消し訴訟は処分日から90日以内に提起しなければならなくて、処分などがあった日から1年が過ぎれば提起できません。このような90日と1年の期間は選択的なものではないので、どれか一つの期間が過ぎれば行政訴訟を提起できなくなります。